2016年09月05日

コンデンサ不良

5〜10年位前のパソコンでよく見かけるものですが、マザーボードに取り付けられているコンデンサの不良によりパソコンが起動しなくなるということがあります。
カバーを開けてコンデンサを見てみると頭の部分が膨張して膨らんでいたり破裂して液漏れして茶色くなっているものがあります。
こうなるとマザーボードを交換するしかないようです。
各メーカーも以前は無償で対応していたようですが、ほとんどのメーカーで期間が終了してしまったようです。
あとは自分でコンデンサの交換ということになりますが、それほど難しいことではありませんが、やったことがないと少し抵抗があると思います。
これらのパソコンはもう古いものが多いのでもしそのような状態になってしまったら、新しいパソコンを購入したほうが良いと思います。



posted by 今飛雄太 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。